作業日誌

日々の作業にまつわる日誌

スキューバプロ MK10/G250 のオーバーホール!

こんにちはダイブマンの楠本です
今日は古~いレギュレターが入ってきました。
往年の名機スキューバプロのファーストがMK-10(マークテン)
セカンドがG250です

最後にオーバーホールしたのが1998年7月
(ステッカーは1年後の次回オーバーホールの日付になるので)
24年前ですね!😅

エア通ししてみるとあちこちからエア漏れ(笑)
中のパーツがが完全にイッてます!

で早速オーバーホール!!
MK-10は高圧シートというパーツがもう手に入らないので、日本で
このレギュのメンテナンスを引き受けてくれるところは殆どありません!

時間が経っている割にきれいです。
あまり使っていないのと、前回のオーバーホールをした愛知県のDGMSさんの腕の良さですね!!
要所要所にきちっとグリスが塗布してあり
次回バラすときに問題なくオーバーホールできるように配慮しながら作業されています。
各部の締め付けテンションも絶妙でした。
上手いオーバーホール屋さんは締め付けトルクが非常に弱い
でも絶対に緩まないのです!DGMSさん流石です!!

ファーストステージ(高圧シートはピンクのパーツ)

セカンドステージ

ブルーのBAポペットが時代を感じさせます
今は乳白色になってポペットシート(先っちょのゴム)
も単体で交換できるようになっています
次回からは先っちょだけ交換します、¥250です(笑)

BAポペット、上が古いもの、下が現行品!どんどん良くなってきています

しっかり超音波洗浄して組み上げ
ヨークリテーナーはトルクレンチを使って既定のトルクで締め付け!

セカンドもOリングとBAポペットを交換して組み上げます

最後にBAポペットに接触しているオリフィスの調整をして
フリーフローせずに呼吸しやすい位置に調整します。
この時フリーフロー圧と初動抵抗値を測定します

MK-10は頑丈で流量も多く、G250は呼吸抵抗の少ない良いセカンドです
往年の名機がオーバーホールによって蘇りました!
持ち主はきっとそれなりの年齢の方なんでしょうけど
このレギュでダイビング楽しんで下さいね!!

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。