オーバーホールを見てみよう

受付・点検

器材が届いたら、メンテナンスシートに機種名及びホース取付位置の記録と、マウスピースの傷やホースの傷み具合など各部の目視点検をおこないます。

分解

純正の冶具や工具を使ってなるべく傷をつけないよう、慎重に分解していきます。

超音波洗浄

メッキを保護しつつ効果的に汚れを落とす洗浄液で超音波洗浄を行います。

乾燥

洗浄後、充分な水洗いの後エアブローガン等で乾燥工程に入ります。

組み立て

規定交換パーツ及び傷んだパーツを交換しながら慎重に組み立てます。グリスはナイトロックス用のクリストリューブを使用しています。

調整

そのレギュレター推奨中圧値にセットして、初動抵抗値を確認しながら呼吸しやすいレギュレターに調整していきます。

水槽検査

すべての組み立て工程と調整がすんだら、高圧の空気を通して水槽につけ最終的なチェックをします。水槽検査が済んだら乾燥させ、1~2日各パーツを馴染ませます。

出荷前点検・再調整

各パーツに当たりが出て中圧値も安定したら、出荷前にもう一度各部点検と中圧を規定値にセットします。

梱包・出荷

最終点検と調整が済んだら、キズ防止のクッション材等で梱包の上、宅配便で出荷します。