作業日誌

日々の作業にまつわる日誌

ドライスーツバルブOH!

こんにちは楠本です!
今日はドライスーツのバルブオーバーホール!
お手入れしないと作動不良を起こすのよね!

まずは左肩に付いている自動排気弁から
排気弁のキモはこのシャフト!
水抜けの悪い場所なので
長いこと使っていると塩が噛んできて動きが悪くなります
この排気弁は上から押すとなかなか戻って来ない状態でした
弁が開いた状態で閉じないので、姿勢によっては水が浸入してきます!

サビと付着した塩分を超音波洗浄して落とし
錆びによって腐食したシャフト本体をルーターで滑らかに!
その後グリスアップして組み上げます!

非常に滑らかに動くようになりました!

お次は胸の前にある給気バルブ

こちらもバラバラに!

しっかり超音波洗浄を行いOリングをすべて交換!
シャフトをやはりルーターでキレイにして
グリスアップしながら組み上げていきます!

給気バルブが塩かみするとボタンが戻らなくなって
ドライスーツの中に空気が入りっぱなしになります!
水中でドラえもんに😅 急浮上の危険もあります!

グリスアップして組み上げ後は
さっきまでのキシキシ動作が嘘のように滑らかになりました!

たまには陸上でドライバルブを押してみて動きが悪いようでしたら
危険を未然に防ぐため、オーバーホールしましょうね!

ダイブマンではドライバルブオーバーホールと
スーツ専用シャンプーとリンスを使った
ドライスーツクリーニングのセット価格も用意してあります!
しかもリーズナブルなお値段です!!
ご相談くださいね!

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。