作業日誌

日々の作業にまつわる日誌

BCインフレーターの洗い方

こんにちは楠本です

先日、日本アクアラング社製のインフレーターを

オーバーホールしていたら、空気を入れてり止めたりする

パワーインフレーターのバルブコアが外れず

少し力を入れて回したら、バルブの上部が破損しました

右上のパーツがバルブコアです

左が問題のバルブで、中で二つに割れてしまい

バルブリテーナーというバルブを収めている部品も

一緒に交換しなくてはならなくなりました

原因は海水がたまっていたことによる腐食です

 

日本のバルブコアはもうずいぶん前から

ステンレスを使っているものが増えて

あまりこういうことは起きないのですが

海外製のものが多いダイビング器材は

こういうトラブルはまだ多いのが現状です

 

これを防ぐのは簡単で

皆さんがBCの内部を洗う時に、BCのオーラル口に

ホースを突っ込んで、オーラルボタンを押して水を入れますよね!

その時にオーラルインフレーターボタンだけでなく

パワーインフレーターボタンも一緒に押して下さい

そうするとBCのカプラー部分からチョロチョロ水が出てきます

こうすることによってパワーインフレーターの心臓部

バルブコアも真水で洗浄されますので

このような腐食をかなり軽減することができます!

あと、BC内に入った水はインフレーターから出さずに

BC肩部や後部に付いている加圧防止弁から抜いてくださいね

せっかく洗ったインフレーターに塩分の混じった水を戻さない工夫です

せっかく手に入れた頼れる相棒の重器材

ちょっとした工夫で長持ちさせましょう!!

 

 

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。