作業日誌

日々の作業にまつわる日誌

ビーイズム”最高級プラチナレギュ“のOH!

こんにちは楠本です
今日はビーイズムのプラチナNELEUSという
チタンレギュに一部プラチナコーティングしてある
最高級レギュのオーバーホールです、レギュだけで定価32万円(税別)
たぶん日本で一番高価なレギュかも??

ではオーバーホール開始!!

ホースプロテクターをズラすと軽く錆が浮いています

器材の水洗いをするときホースプロテクターもちょっとズラして
洗ってあげるとホース付け根の傷みはだいぶ違います
ビーイズムのホースプロテクタは割とホースにピッチリついているので
ズラすのは力が要ります

組み上げるときにずらしやすいように工夫しておきますね!

まずはファーストステージから
ホース取付位置や初動抵抗値、中圧チェックして記録したら
ホースを全部取り外します

1年ちょっとの使用だと思いますが、中は結構し塩塩です

分解が終わったら各パーツを超音波洗浄します
洗浄液はちょっと高価な人体とメッキに優しい専用のものを使っています

うちの新顔の超音波洗浄機!なかなか良い仕事をします(笑)

超音波洗浄して各パーツはピカピカに!

ファーストステージの主要パーツはこのモデルだけ特殊なメッキがほどこされていて、傷が付きにくくなっています。

見た目もめっちゃカッコ良いです

ファーストステージの心臓部”ピストン”
右が従来品、左ブルーフェイスが最近変わった新しいピストン
従来品も充分耐久性と中圧安定性がありますが
新しいピストンはシート面を改良して更に中圧安定性を高めています

ピストンを組み込みました

ヨーク部の組み立ては使用中緩みが出ないように
ネジロックを塗布して組み上げます

このネジロックはプラスティックに干渉しない優れもの

締め付けは300キロの力で!
それでも使い方によっては緩むことがあります
タンクにセットし、圧力が掛かっている状態でレギュを左右に回さないで下さいね!
緩んじゃうことがありますから!!

続いてセカンドステージ

ケース内にはサンゴの砂が(笑)
ボトムケースとダイアフラムには海水と唾液が混ざったものが固着しています
これは衛生上良くないのでお湯と洗剤でしっかり洗って落としておきます
レギュを洗う時もう少し水洗いをした方がいいかな?!

この左側のフェイスカバーとフェイスリングにプラチナコーティングがされています
実物はとても綺麗ですよ!

キレイになりました!

セカンドステージホースとレギュの接続部も
内部にはこんなに汚れが付着しています
ある程度ティッシュや綿棒で汚れを落として超音波洗浄へ

その他のパーツも洗浄してきれいに!!

消耗パーツ交換を行い、トルクレンチも使って組み上げます

オクトも分解完了!!

続いてゲージをバラそうとしたら、中から更に大量のサンゴの砂が!
マットの上にてんこ盛り、もう掃除機で吸い取りました(笑)

それでもバラすほどに砂が(笑)

残圧計モジュールの超音波洗浄!ネジ部だけ慎重に!

キレイになりました

BC用中圧ホースのカプラー部も分解洗浄します
ファースト側のOリングは潰れてバリが出ちゃっていますね
交換です

キレイに洗浄してバルブはまだ使えるのでリユース!
カプラー内部のOリングは内側がすり減るので交換します
上の白とブラスのパーツはカプラー内に一発でOリングを入れる治具!
老眼には中々Oリングが入らない場所なので、めっちゃ便利な治具です(笑)

各ホースもしっかり洗浄します!

組上げが終わったら各セカンドの初動抵抗値とフリーフロー圧のチェックと記録
そして水槽検査をします

異常が無ければ乾燥させ各パーツを馴染ませるために2,3日寝かせて
再度中圧調整して各部再チェックののち納品となります

このレギュレターはオーバーホーラーにはとても優しい
全く問題になる部分が無いレギュでした!とても良い子です(笑)

いつもこうだと楽なんですけどね(笑)

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。